欧州時間になり、動き始めた

欧州時間になり、動き始めた

欧州時間になり、動き始めた

 

東京時間ではあまり動きのなかったクロス円が欧州時間に入り、動き始めました。どうして動いているのかニュースを見ると、日経平均株価が引けにかけて高値を更新したからです。一番弱くて、安値圏での動きとなっていた豪ドル円が上値を伸ばしています。レンジなのですが、上限を広げています。私の予想としては、ずっと膠着状態になるか、再び下落していくんだろうと思っていました。まるっきり逆の動きをされちゃいました。

 

でも、とりあえず動くようになったので、勉強できます。やっぱり動くのって欧州時間からなのですね。多くのトレーダーが欧州時間とかニューヨーク時間で取引していると聞いたことがあります。仕事の都合もあるだろうけど、圧倒的によく動くので、短時間で利益を上げるには理に適っていますね。逆張りは危険だけど、やるとしたら東京時間です。欧州時間が近づいてきたら、多少の損を抱えていようと撤退しておくことが必要かなと思います。欧州時間はトレンドフォローがやっぱり似合う。

 

豪ドル円は、欧州時間に入った途端、レンジブレイクしました。東京時間のレンジを上抜きました。レジスタンスだったところがサポートに切り替わったということで、ラインを引っ張って引きつけてエントリーしてみました。するとどうなったかというと、再度レンジ内に潜ってきて損切りです。だけど、練習の取り引きですので大丈夫です。すべての時間足を見て機能しているラインを探しましたが、残念ながら見つかりませんでした。本番だったらあまりやりたくないチャートです。