FXで育った我慢力

FXで育った我慢力

FXで育った我慢力

 

FXを始める理由で多いのがお金のためです。稼いで将来安心して暮らせるようになりたい。不安な老後に備えたい。夢の一軒家を建てたり、車を買いたい、などがあると思います。私の場合、お金目当てでこの世界に入りました。バブル時代を経験してきてない私は、高級車を乗り回す、高級なブランドバッグを身につけるという感覚がどんなものなのか全くわかりません。気づいたら超円高の景気減速時代に突入していました。

 

その頃から、お金は大事、節約しなさい!と両親に言われてきました。お金が大事と教えられたことで、異常なほどお金に執着するようになりました。節約してもこの先の時代は安心して暮らせるかどうかもわからない!と両親に言われたことがきっかけで、真剣にどうにかしたいと思うようになりました。投資でお金を増やせることを知り、FXをやるようになったのです。FXをやってみると、お金以外の大事な事を学びました。FXは資金管理とメンタルコントロールが大事。メンタルコントロールをうまくやっていかないと勝てません。待つのが相場です。

 

不安な気持ちが先立ってしまってはポジポジ病になります。私がそうで、負けました。待つという事ができるためには精神面で言うと、我慢力がないといけません。FXで、我慢して待ち続けることを学びました。それはFX以外の事に役立っています。自分が達成したい目標に向かう時、すぐに報われるわけではありません。そんなとき、今までならすぐに諦めていました。今は、すぐに結果を求めず、努力して結果を出すことを待てるようになりました。